3次元別館。

主に観劇の感想です。2.5舞台が多めでその他のミュージカルやストレートプレイも。

【映像作品感想】魔道祖師沼にハマった二次元と舞台のオタクが陳情令を見てみた話

 

これまでの経緯はこちら(↓)。

【雑記】公演中止続きで心折れまくった舞台オタクが中華ファンタジーにドハマりした話 - 3次元別館。


ラジオドラマ*1の公開分は早々に有料部分含めて全て聴いてしまい、アニメの放送は9月から、原作小説は日本語版が出ていない*2ため、物語の先を知りたくて知りたくて震えつつ、実写ドラマ『陳情令』の配信開始日を一日千秋の思いで待ちわびてました。こないだ何となく4月初め頃のツイートを見返してみたら「最近数独ナンプレ)にハマってます」とか言ってたので、あの頃は平和だった……。
先日、配信&レンタル開始に先駆けて一話がニコ動で無料配信されたので、日付変更線をまたいだ瞬間にアクセスして視聴。ライブ配信だと信じて疑ってなかったためなんですが、よく調べたら丸一日公開してたようで、そんなに急がなくても大丈夫だった*3

 

※以下、多少記憶違いなどあるかもです&本編の内容に触れてるのでネタバレNGの人は注意

 

まず最初に浮かんだこと。
顔がいい。


予告動画や公式サイトの相関図を何度も見返して楽しみにしつつも、アニメやラジオドラマのイメージが強いので不安はありました。いくら俳優さんのルックスが良くても、髪型とかはある程度リアルの方向に寄せられてるし、自分の中で「なんか違う」ってならないだろうか。2.5次元舞台はよく見るし、二次元や小説の実写化もよほど酷くない限りそんなに抵抗ないけど、仙術バトルシーンの再現その他諸々はどうするんだろう、と。
けど、見始めたらその辺はあっさり解消して、ごく自然に実写版の彼らはこうなんだなと、『陳情令』の魏無羨と藍忘機、藍家の弟子コンビたち等々が意識の上で馴染んでいました。魏無羨の場合、俳優さんの見た目は二次元のビジュアルそっくりではないんだけど「やんちゃで時に突拍子もない言動をしつつも頭の回転が非常に早くて優秀、でもって何か複雑かつ重苦しい事情がある様子」という、序盤のキャラクターを表す概念そのものが顕現してた。くるくると変わる表情、特に笑顔が実に良い(かわいい)。別の作品だと、実写映画『帝一の國』の大鷹弾は漫画の絵柄にはあまり似てないにもかかわらず、爽やかパーフェクトイケメンぶりがまさに弾そのものだったように……という例えで伝わるだろうか。ラスト近くに屋根の上からふわっと華麗に現れた藍忘機は玲瓏という形容が実にしっくりとはまり、こちらもまた概念そのものが来てしまった感がありました。ほとんど言葉を発していなくても、醸し出す空気が既に堅物クール美人。顔がいい、というのには単純にイケメンというだけではなく(もちろんそれもある。とてもある。造作が整い過ぎて意味わかんない)、そういう意味合いも含んでいます。


冒頭の5分前後を除き、一話の大筋は他媒体とほぼ同じで、多少シーンが追加されてわかりやすくなってました。莫子淵が招陰旗を盗もうとするところとか、屋根の上からふわりと現れた藍忘機が、登場後に琴の音で莫家の人たちを鎮めるところとか。
大きく違ったのは、魏無羨(莫玄羽)の腕の傷が三つではなく、四つになってること。うっかりネタバレを見てしまったので、残り一つが誰を指しているのかだけは把握できたんですが、どうしてそうなったのかは今後を楽しみにするとしよう。他にも、莫玄羽が地雷メイク*4じゃなかったり、献舎の術が捨身呪になってたりと細かい違いはちょいちょいあった。


それにしても、だ。
最初からいきなりめちゃくちゃ匂わせまくってませんか。
蘇ったその日の夜、ひとり笛で切なげな旋律を奏でながら「藍湛」とかつての友の姿を思い浮かべる魏無羨って、自分の記憶が確かならそんな描写アニメにもラジオドラマにもなかったよね? そしてまだ姿すら見てないのに「魏嬰、お前か?」って早くも察しちゃってる藍忘機とか、さあ……ドラマ版はBL要素をなくしてるって聞いてたからもっとあっさりしてるかと思いきやスタートからありがとうございます!! エンディングテーマのタイトルに至ってはド直球でカップリング名だし!!


アクションシーンはワイヤーアクション?で横に縦に飛びまくっており、なんかめっちゃ飛ぶなあ……というのが初見の感想です。1話はホラー映画っぽかった(特段グロくはない)。天女像や水の化物との戦い等々はどう描かれるのか楽しみ。


この日は本国での放映開始一周年記念という事で、本国のファンの方が日本を含む各国で記念映像を流す、という報を受けて、午後になってから西武新宿駅近くのヤマダ電機LABIの街頭ビジョン前まで行ってきました。海の向こうのファン、スケールが桁違い過ぎる(謝謝)。10分ちょっと待機して15秒と短かめではありました*5が、大画面で華麗に戦う二人を眺められて感無量でした。映った瞬間、近くにいた同じ目的らしき女子たちが歓声を上げてて、心で「同士……!」と呟いたりして。あれらの場面はもうちょっと先の展開で出てくるのかな?

 

情報収集目的でTwitterを検索→ちょいちょい流れてくる仲良さげな忘羨@陳情令の画像にいちいち動揺しまくってる現状、2話以降を視聴して正気を保っていられるかどうか、全く自信がありませんが、明日から楽天TVで配信が始まるので、週末はしっかり家にこもって視聴しようかと。

 

*1:祝CD化! 第一期後半と第二期以降もお待ちしております……

*2:平安時代のやんごとなき姫君だったら多分薬師如来像彫らせて拝んでた

*3:まあ知ってても同じことしてたかも知れない

*4:アニメではそんな感じだった

*5:30分に1回くらいだったようなのでタイミングが良かった模様

【雑記】公演中止続きで心折れまくった舞台オタクが中華ファンタジーにドハマりした話

 

注:この記事をアップした時点で実写ドラマ「陳情令」は未見なので、原作である「魔道祖師」のメディアミックスの話題がほとんどです。このため、接した媒体に基づいてそれぞれ発言してます。

 

《ブログ主について》
・月平均で2〜3回くらい観劇する比較的ゆるめの舞台オタク(宝塚、2.5次元中心)

・海外コンテンツはハリウッド映画など話題作をたまに見る程度

・商業BL好き


無料配信で盛り上がったり、最近は少しずつ動きも出てきているけれど、未だ元どおりとはいかない舞台界隈。これまであまり触れて来なかった刀ミュの無料配信をほぼ毎晩見続け、村正と蜻蛉切、初代二代目堀川国広の歌声に聞き惚れ、鶴丸の人、これだけ歌えて歌をちゃんと習ったことがないとか意味わからん*1のですけど……とあっけにとられ、髭切や巴形薙刀の華麗なダンスに見惚れ、あおさく組のフォーメーションの完璧さに拍手したり、初期から参加している人たちの著しい成長を目の当たりにして感慨にふけったり、らぶふぇす楽しい〜!と心でペンラを振ったり、刀ステは有志の同時配信も、その後の無料配信もほぼ毎晩参加して、手持ちの円盤もしくは配信映像見ながらタグ付きで実況呟きまくったり、OG含む宝塚の方々の動画にガチ泣きしたりはしてたけど、やはり劇場に行けないのは辛い……。


「物語をおくれ……」と本やマンガ、ドラマ等々をそこそこ楽しみつつも新規にハマるまでは至らなかった5月の下旬、リアル知人経由とSNSでほぼ同時期に、ある作品のことを知った。


要約すると
・「陳情令」という中国発のドラマがあり、日本でもWOWOWで放映されている
・原作は「魔道祖師」というタイトルのBL小説で、ドラマ版はBL要素を抜いてブロマンスとして制作されてるらしい
・原作と同タイトルのアニメ版もYouTubeで日本語字幕付きで見られる(※2020年6月現在、日本からは視聴できなくなってる模様
・主役二人はタイプの異なるイケメン
・ヒラヒラした衣装で魔物的なものと戦うお話らしい


ほう……。


元々中華な衣装や世界観が好きな事もあり、実写ドラマ版のサイトを見てみると、確かになかなか見目麗しい二人組。PVもとっても興味をそそられる。しかし自分はWOWOW未加入なので、オンラインでの配信開始*2を待つとしてアニメの方見るかー、と検索してみた。

 

<以下、多少内容に触れているためネタバレが気になる方はご注意>


ん……? 「魔道祖師」の日本語版のラジオドラマがある? しかもベテランを含む有名声優が複数キャスティングされており、かなり力入ってる様子。どっちにするか迷った末、まずはネット上で無料公開されてるラジオドラマ1話を聴いてみた。
独特の用語や固有名詞がたくさん出てきて結構複雑なんだけど、字幕をつけてくれているし、脚本がしっかりしてて音だけでもわかりやすい。
そして主役の子、魏無羨が非常に良い。やんちゃ系で割と騒がしいが頭の回転は早く実力もあるようで、ロング黒髪ポニテのかなりの美人。しかも13年前に何かやらかしたらしく、邪悪な存在として恐れられてる模様……この子が受けってまじですか(嬉)
そして、ニコ動みたいにコメントが弾幕で表示されるんですが、言語が実に多国籍。日本語の他に簡体字繁体字、ハングル、英語、他のアルファベット圏のそれらから見覚えのない文字(タイ語?)まで、いろんな言葉で愛あふれるコメント*3が次々と流れていく。国際的に人気のコンテンツ、凄い。


アニメではエピソードが多少端折られてるらしいのと、先にビジュアルのイメージを脳内で確かにしておきたかったのもあって、ラジオドラマ1話の後は、当時YouTubeで無料公開されてたアニメを見てみた。細かい説明が少なくて、時々首をかしげる部分はあるものの、なんと言っても映像があるのでさほど問題はなかったです(ラジオドラマを少し聴いてたのも良かったかも)。巨大な石像が動き出したり、魔法陣みたいなのが発動したり、あーこういうの楽しい! 続々出てくる主要人物も、超クール白装束琴使いで魏無羨と浅からぬ因縁があるっぽい藍忘機(超絶美人)とか、白装束のルーキーコンビ(美少年ズ)とか、ツンツンした生意気少年(かわいい)とか、鞭遣いの怖そうな兄貴(美丈夫)とか綺麗なおにいさんと美少年しかいないのかってくらい(さいこう)。で、3話目から過去編に突入して、少年時代の魏無羨、藍忘機をメインに20年前の彼らの様子が描かれるんですが……。


何これ。
鴨がネギと鍋背負ってポン酢とゴマだれ差し出してきた??


ツン要素多めクール優等生美人(キレた時の瞬間風圧高め&着やせするタイプ)とやんちゃ系天才美人(一部で異端扱いされて疎まれてる)の組み合わせって、さあ……しかもなんか先行きに暗雲立ち込めてそうだし(わくわく)(酷い)
7話まで見終わった(魏無羨が藍忘機のハチマキみたいな布をうっかり取っちゃって、ブチ切れられたとこ)時点で、気づいたら既に沼に半分以上浸かっていた……。今晩は刀ステの配信もあるし、週明けは仕事あるし、何より新規供給の過剰摂取で脳がキャパオーバーになりつつあったので続きはまた後日……にするつもりだったのだが。


6月に入り、最初に勧めてくれた知人とオンラインで連絡を取る機会があったので「アニメの方見てハマりつつありまして///」と報告したら「今アニメ見れなくなってますよね」と。


はい??


本当だ、この地域では再生できませんって出る。なんてこった。いや、もしかすると近々別の形で展開されるフラグだったりする*4? ならば、ギリギリで7話まで視聴できた事に感謝しつつ続きを見られる日を待つとして*5、ラジオドラマの続きを聴こう、と、何とか気持ちを切り替えてアプリをダウンロード→さくっと課金しつつ2〜5話*6まで聴いてみた。


……。
………。


あの。
更に深みに引きずり込まれたんですが。
たすけて(意味不明)


やはりアニメはかなり端折られていたようで、よくわかんなかった部分がかなりの割合で判明した。そういう経緯でロバ(りんごちゃん)と共に山に向かってたのね、等々。そして魏無羨君、ラジオドラマ版ビジュアルの印象の百倍はチャラい。騒がしい。アニメを先に見てると特に違和感はないんだけど、ラジオドラマの美麗ビジュアルだけなら鶴丸国永といい勝負の儚げ色っぽい美人詐欺。これは禁言術で黙らせたくもなるわ。かく言う藍忘機の方も規則遵守のもんのすごい堅物で、不意打ちでエロ本見せてからかいたくもなるよな、と頷きまくる。聶さん家の子が悪ガキでかわいい。あとさあ、藍家は顔が相当良くないと弟子入りできないらしいので、三千の掟の中にはきっと美容関係のもあるよね。肌の手入れを怠るなとかニキビ作るなとか、髪はツヤが出るまで梳かせ、とか(妄想が止まらない)。

アニメにはなかったシーンにも衝撃を受けまくる。藍忘機の入浴シーンを意図せず覗いてしまい、13年の間に何かあったらしいことが判明するとか、夜中に寝込みを襲ったら返り討ちに遭い、術をかけられてくっついたまま就寝することに……とか、禍々しい何かを制御するために笛と琴で合奏とかさあ!(机をバンバン叩きまくる)
複数のファンアートで主役二人がウサ耳つけてたり擬人化ならぬ擬兎化してる理由も把握しました、可愛い過ぎか。で、アニメで見た過去の回想と、ラジオドラマで提示された現在のあれこれを思い返しながら美しくも哀切漂うテーマ曲を聴いてると、あれ、13年前にかなり二人にとって壮絶かつ哀しいことがあったり、する……?


(更なる萌えの過剰摂取により2〜4話まで聴いた日はガチで睡眠不足になりました)


ラジオドラマの配信は6話、すなわち一期の前半までで、続きは現在制作中と。待ちますとも。このご時世だからいろいろ滞るのは仕方ないし。けど、できる限り早く聴きたい、です……。ラジオドラマ公式Twitterでは用語解説や、時々ファンアートのリツイートをしてくれたりもしてなかなか手厚い。それにしてもpixivのおすすめに上がってくるイラストの数々よ、どんな経緯でこの二人こんなに仲良さそうになったんだろう、いろいろ乗り越えて仲良くなったとこ見たい(聴きたい)。今ならわかる、菅原孝標女の気持ち……。

 

思わぬ方向から突然矢が飛んできて未だ動揺しておりますが、新たな出会いに感謝しつつ、今楽しめるものを楽しみながら動向を見守りたいと思います。そして、願わくば原作小説の日本語訳版が出ますように……。

 

(追記)

こちらの記事をアップした数日後、アニメの日本語字幕版・吹替版の制作が発表されました。やったー!! 字幕版はWOWOWで9月から放送するという事で、真剣に加入検討しなければ……。

 

*1:表現力はまだ伸びしろがありそうだと思ったけど末恐ろしい逸材や……

*2:7月から。嬉しい!

*3:正確な意味は掴めなくてもハートとか、人物名+「好」とかならそうだよね

*4:知人もその可能性があるんでは、と言ってた

*5:さらっと書いてるけど相当凹みました

*6:1〜3話は無料で4話以降は有料

【観劇記録】3/21 アナスタシア

 

  • ネタバレ多少ありの感想です

 

f:id:raimu_sakura:20200324183727j:image

 

目に映るもの、耳に飛び込んでくる歌声や旋律、何もかもが美しくて目と耳が幸せでいっぱいでした……!

装置や衣装、役者さんのビジュアルはもちろんだけど、特筆したいのは映像。ロシアやパリの街並みや電車の車窓を流れる風景など、どのシーンの背景もこれまで見たことがないくらい鮮やかで美しかった。音楽は、ディズニー映画を彷彿とさせる力強さと開放感にあふれた耳に心地よい曲揃いで、特にアーニャが一幕ラストで歌う曲が好きです。

ストーリーは王道まっしぐらで、こうなるだろうな、こうなって欲しいな、という通りに大部分が進み、盛り上がりに欠ける部分があるのは否めないです。モブを除いて悪人がほぼおらず(グレブは職務に忠実なだけで悪人とはちょっと違うと思う)、革命後の荒んだ状況の描写はあるにはあるんだけど、記憶をなくして天涯孤独で街の掃除などをしながら橋の下で寝る日もあったアーニャも、詐欺師のディミトリとヴラドも、苦労の多い生き方をしてきたであろう割に驚くほど瞳に曇りがないんだよな。楽しめなかったということは決してないんだけど、もっと人や社会の暗い側面が描かれていたり、ハラハラドキドキがあると良かったかなー、とは思う。まあ、この辺は好みの範疇かもです。

それにしてもアーニャとディミトリのちょいツンデレカップルがかわいくて微笑ましくて! 高貴な血筋の女の子と不良青年というザ・王道*1なんだけど、それが良い……いいと感じる人が多いからこその王道なんだよ! はるかーニャもばっちトリ*2も、強さとたくましさを感じさせつつ、まごう事なきプリンセス&(概念的な意味での)プリンスで、ぴったりのキャスティングだった。どちらも舞台上のお姿を拝見したのは初めてでしたが、かたやクリスティーヌやコンスタンツェ、かたやアンジョルラスやアルフレートを演じられていただけあって、歌声の美しさと力強さも素晴らしかったです。

グレブはもっと悪人っぽいのかと思ってたら、血も涙もない冷血漢というよりは、あまりに職務に忠実過ぎて他の生き方を知らない人でした。ロボットみたいだった彼が生命力の塊のようなアーニャに出会い、自分でもよくわからないまま惹かれていきつつも、任務に背くことはできない。「入水しないジャベール」だと聞いていましたが、予想していた以上にそんな雰囲気だった。

ディミトリの詐欺師仲間で年の離れた友人のようなヴラドもまた、宮廷に出入りしながら後ろ暗いことも含めていろいろやってきた(でもって多分、そういうことが原因でリリーに振られた)んだろうけど、ダークな面はほぼ感じられず、歌とダンスで盛り上げてくれました。ビジュアル的にはひげもじゃのおじさんなので、宝塚では誰がどういう風に演じるのか、とても気になる。

宝塚ファンとしてはOGのお二人も見逃せなくて、特にマリア皇太后の麻実さんの貫禄は凄かった。舞台上に現れただけで居住まいを正したくなるような、威厳と気品の漂う皇太后陛下でした。皇太后に仕えるリリーの朝海さんは、貴族なんだけれど俗っぽさもありとてもパワフルでキュート。2幕の序盤で歌い踊る場面がかっこよかった。奇しくもどちらもあさみさん。

 

この大変な中、美しい作品を見せてくださったキャスト、スタッフ、関係者の方々に、ありったけの感謝を送りたいです。観に行けるはずだったいくつかの公演が中止なってしまったこともあり、始まって間もない場面でその美しさにびっくりすると同時に、幕が開いたこと自体が嬉しくて涙が出てきた。しばらく厳しい状況が続くのは間違いなさそうなので、今は家でおとなしく映像を見たり、雑誌やパンフを広げたりして、どの舞台も非難されることなく開演できる時を待ちます。

宝塚版はディミトリが主役になって歌も追加されるので、どんな風になるのかとても楽しみ。どう考えてもぴったりな真風ディミトリ&まどかアーニャにも会いたいよ……!

 

*1:塔の上のラプンツェルとか

*2:この呼び方かわいくていいね

【観劇記録】2/21 浪漫活劇譚『艶漢』第四夜

 

  • 舞台シリーズ観劇は今回初、原作6巻まで読んでる状態での感想です
  • 演出など多少のネタバレあり

 

以前から存在は知っていたものの、機会を逸していた艶漢舞台。やっと観ることが叶いました。

シアターサンモールは記憶が確かなら十数年ぶりに訪れたので、客席こんなだったっけ?ってなったけど、ロビーの雰囲気はちょっと覚えてました。この規模だと後ろの方でもオペラいらないくらいステージがよく見えるなー、なんて思ってたら開演5分前に客席通路からいきなり安里が現れてびっくりした。音の鳴る機器の電源は切れよーみたいな一般的な注意事項が述べられてた気はするが、正直バナナのアレとかセクシーポーズ決めてたりしか覚えてねえ……この時点ですごく解釈一致。そう、まさに自分がイメージしてた安里だよ! ビジュアルが完璧なのはもちろん、登場しただけで周りが明るくなるような華やかさがあり、なおかつ妖しい色香も醸し出していて、開幕前なのに早くも期待値が上昇しまくり。

本編はこれまでの回想を交えながら始まったんですが、詩郎もまた、姿形も動作もそのまんま過ぎて驚愕。表情や姿勢、振り返った後ろ姿、ユルさ全開の着付け、着物から覗く脚のライン等々、まさに360度詩郎だよ……! 安里との絡みに至っては、どの瞬間を切り取っても二次元が降臨してた。独特の台詞回しは最初は多少違和感があったんですが、進んでくるにつれて気にならなくなった。役者さん、先月まで刀ステ維伝の肥前だったとか信じられないどっちもそのものじゃん?! てか詩郎が客席通路を歩いてる時、めっちゃフローラルな匂いがした*1んだけど、あれオフィシャルグッズのフレグランスかな? 通路から少し離れた席でもしっかり香ってきたので、こういう演出を楽しめるのは小規模の劇場ならではだよね。詩郎の友人で数少ない常識人*2の光路郎もまた「バカがつくほどのお人好しで正義感にあふれた天然無自覚タラシの好青年with筋肉美」が三次元に存在しておりました。メイン3人、写真や映像で見た以上に再現率が高過ぎた……。

変顔満載下ネタ上等なギャグ場面はやり過ぎない範囲で、しかしノーフン*3なアレは冒頭でしっかり再現されてました(笑) 男同士いちゃついてる(ように見える)シーンの登場人物の反応など、コミックスの最初の方は2020年現在の観点からするとちょっと危うい所もあるんですが*4、舞台ではその辺多少マイルドにはなってたかと。客席数300弱の劇場という空間もまた、どこか仄暗く猥雑な作品世界にぴったりと合っていました。今回は劇団のお話だったので尚更。

ストーリーは3巻の「人魚の望むもの」を主軸に、4巻以降の展開も交えたもので、三郎太の役回りが一平になってたり、オリジナルキャラクターが出てきて「組」も絡んで来たりとかなり大胆にアレンジされてた。と言っても「人魚~」の根幹の部分はちゃんと残っており、虹海や花魚の内面も元の話より掘り下げつつ、おそらく鏡湖さんにとってより救いのある結末になっていたので安心しました。今回観劇を決めたのは、あの話が好きだということも大きいのでね。まあ「組」が入ってくる分、元の話よりだいぶ凄惨にはなってしまってるんだけども。

オリジナルキャラクターのメンズ劇団員3人は、変に女性陣との恋愛エピソードとか追加されてたらちょっとイヤかもと危惧してましたが、あのくらいなら許容範囲かな。そして、特に重要な位置を占める劇作家の漁火がですね……詳細はネタバレになるので避けますが、能力使う方法がソレって何というかいちいち動揺してしまう……。漁火の他、役者の水稚と団長の潮見もまた、妖しく時に醜悪で美しいアンダーグラウンドな世界の住人として、違和感なく存在しておりました。本来ならもう少し後の登場となる一平(光路郎の幼馴染)もまた然り。

気になっていた水劇*5のシーンは、照明と二階建ての舞台装置、キャストの動き等々により、本当に水中で舞っているようで美しかったです。映像を使わなくてもここまで再現できるんだなあ、と心で感嘆してました。アクション的な見せ場も複数あり、特に体の至る所に短刀を隠し持った詩郎の殺陣はめちゃめちゃ速いし身軽さもあって格好いい! 終盤の詩郎と安里の一騎打ちは視覚的にも美しく、見ごたえありでした。両者とも戦闘服の露出度がかなり高めなのでいろんな意味でハラハラしたけどな……!

 

帰宅してコミックスを棚から引っ張り出して読み返したら、記憶していた以上に元の話はあっさりしており、かつ、舞台でやるにはわかりづらいであろう部分*6もあるので、これを膨らませた上で今後のエピソードも織り込みつつ、世界観を壊さずに舞台として成立されられるって凄いな……と、劇作家の方の手腕に改めて驚かされました。シリーズが4作も続いているのも納得。ってか2016年当時、舞台化が決まったことは公式のお知らせで知ってたのに、何故今までスルーしてた私*7?!

それと、原作ファンとして嬉しかったのはパンフレットもですね。表紙が原作者の尚月地さん描きおろしの、舞台の登場人物全員集合絵というだけでも素晴らしいのに、更に劇団員6人+一平の設定画まで描いてくださっているとか……ありがとうございますまじで(最敬礼)。一般的な冊子の形ではなく、1ページずつ独立したリーフレットになっているパンフは多分劇場では初めて見た。

続きがあることを見越しているような構成になっていたので、第五夜?の発表があるまで、コミックスをおさらい&読んでいない分も読み進めながら待とうと思います。

 

*1:安里もかも…後半くらいまで匂いの元に気づいてなかったので

*2:あくまで作中比

*3:ノーフンドシ。褌締めたくない主義

*4:初出が10年以上前の作品なので……

*5:巨大な水槽の中で人魚の格好をした役者がパフォーマンスをする、みたいなの

*6:虹海もまた親友に憎しみを抱いていた事は鏡湖の夢の中でだけ語られており、現実でもそれを示唆する描写はあるものの、あくまで推測の域を出ない

*7:一作目が発表された頃は2.5自体に興味がなかったんだよう……

【観劇記録】1/9 舞台『刀剣乱舞』維伝 朧の志士たち(刀ステ) (2回目)

 

  • いつものごとくネタバレ全開の感想です
  • 台詞などはすべてうろ覚えなので記憶違いがあるかもです……

 

 

注意:ライビュ・配信などを含め観劇予定の方は、一切ネタバレ無しで臨むことをお勧めします(このエントリーも回避推奨)

 

1回目の観劇感想はこちら。

 

raimu-sakura.hatenablog.com

 

先日、赤坂ACTシアターの東京凱旋公演を観て来ました。普段一般席で申し込んでるので、前から10列目前後+ドセンというマイ刀ステ観劇史上かつてない良席*1に、開演前から戦慄してた。で、1幕終了後、というかオープニングくらいで既に思ってたのは、

 

何、この超怒涛のエンタテインメント……。

 

昨年TDCで観た時は3バルのサイドシートで「見切れ席程ではないものの下手側の端の方で、高いところにいる人&スクリーンはほぼ見えなかった」のと、初回はストーリーを追うだけで精一杯だったのは大きいだろう。けれど、初日から1か月半経過した刀ステ維伝は、更にとんでもない進化を遂げていました。

 

  • 最初に目を見張ったのは照明の美しさ。悲伝の時も思ったんだけど、暗いところと明るいところの対比とか、光の色合いやグラデーションとか、これはBlu-rayの映像?いや、リアルで見てるのか、意味わからんレベルで美しい……と、語彙が追い付かずに頭が混乱してた。
  • てか、殺陣も序盤からクライマックスかってくらい飛ばしまくってる……一度観たはずの話なのに、開始15分くらいでポカーンとなってた。
  • 殺陣のみに留まらず、舞台全体から発せられる熱気、迫力が桁違いだった。座席の違いだけではなかったと思う。
  • 鶴丸は小芝居が多くて、視線をいとも簡単に盗んでいく。「驚きの濃い顔だ」と志士の顔を撫でた後、兼さんの羽織で手を拭いて嫌がられたり、罠初号機を触ろうとして肥前に止められる→肥前の足の間から手を出してまで触ろうとしたり、南海先生(?)の「政府の権限で顕現」て台詞にウケてたり、つっさんと呼んでもらえなくて頬を膨らまして拗ねてたり(そして小烏丸も一緒に頬を膨らませてたり)と、布団に横たわる以蔵を興味深そうに束で小突いてたりと気が付くと何かやってるんですよね……。あと、2幕の「ちょっとちょっと刀剣男士ー」の言い方が、TDCの時よりあっさりしてたかも。残骸くんの場面は、「ザーン」「ガーイ」ソングのコーレス要求(でも一応乗ってあげる肥前&南海先生)でした。やりたい放題が加速している……。それでいて、 戦闘時は華麗かつ威風堂々。あの鶴丸はおそらくとっくの昔にカンストしてる。
  • 時に茶目っ気も披露する小烏丸に至っては更に人外感が増していて、レベルという概念すら意味を持たないのでは……少なくとも怒らせたら間違いなく祟られる。
  • TDC観劇時の感想では堀川君を「高校入学を機にキャラチェンジした元ヤン」と評していましたが、今回の印象は「にっこり笑ってざっくり斬る、曇りなきキラッキラの優等生」でした。それもまた良い。
  • 兼さんが吹っ切れた後に語る想い。最高にかっこ良すぎやしませんか。
  • 以蔵はますます人間離れしていた。何なのあのえげつない速さの殺陣。坂本龍馬の人たらしオーラとか、武市先生の焦燥に満ちた雰囲気とか、吉田東洋の、人の上に立つ者としての傲慢さと圧倒的な存在感*2とか……人間キャストの厚さよ。
  • 東京凱旋では龍馬も結構アドリブを飛ばしてて、序盤で土佐勤皇党に囲まれたとき「騒ぐから2階席のお客さんが『喧嘩? 嫌ねえ』って席を立たれてしまった。(2階席に向かって)もう大丈夫だから!」といった意味のことを土佐弁で言ってたり、2幕の逃亡シーンではお客さんのコートで敵の攻撃を防いで「人のぬくもりは最強ぜよ!」とのたまったり。それだけに、クライマックスの陸奥守との対決シーンで見せた容赦ない視線にぞくぞくした。
  • 肥前は首の布引っ張られたり、むっちゃんと立場が逆だったらのif妄想を繰り広げられたり*3と主に鶴丸にいじられまくりつつも、やはり間違いなく「あの以蔵」の「刀」だった。
  • 前回も書いたように、南海先生は飄々とした演技のバランスが絶妙でした。残骸くん劇場で「ゴキゲンヨウ(裏声)」に「…………ごきげんよう」と思いっきり溜めまくりつつ律儀に返してたのがすごくよいです。そして真剣必殺が格好良すぎ。
  • 陸奥守は更に「あの坂本龍馬の」「刀」でした。複数の面から説得力が増していた。堀川君とはまた種類の異なるキラッキラ、というか、明るさと同時に熱さも感じるのに、暑苦しさはなくてカラっとした明るさ。まんばちゃんは「煤けた太陽」だけれど、むっちゃんもまた、あの本丸の太陽なのかな。

 

この日はカテコでスタオベが。刀ステでのスタオベは自分が観劇した日では初めて*4 だったので、おおー!と周りを見渡しながら拍手してました。こちらのエントリーを書いてる今日は大千秋楽。最後まで怪我や事故などないよう、祈ってます。

 

*1:てか赤坂ACTでこんなに前方で観たことなかった……

*2:しかしカリスマというよりは大会社の重役を思わせるそれで、上に更に社長や会長がいる感じ。上士といっても家臣だからね

*3:前回はスクリーン見切れてたので今回初めてちゃんと見た……ありがとう

*4:ちらほら立ってる人がいたことはあったけど、ほぼ総立ちは今までなかった

【観劇記録】1/7 『家庭教師ヒットマンREBORN!』the STAGE -vs VARIA partⅡ-(リボステ)

 

  • 多少のネタバレあり

 

2020年の観劇はリボステからでした。ヴァリアー戦前半はちょうど観劇が重なっていた時期で「骸*1もまだ出ないしなー」とスルーしていたので、初演ぶりのリボステ。

結論から言うと非常に面白かったです。てか前半戦も舞台で観ればよかった……。

 

以下箇条書きで思い出した順に雑感

  • 前説はルッスーリアとマーモン。写真撮影タイムがあり、しっかり携帯に収めました。ルッス姐さん楽しかった&マーモンかわいいじゃん
  • 前半戦をダイジェストで見せてくれる親切仕様。そうそう、嵐戦はこういう展開だったね、雨戦はスクアーロが大変なことになったんだよな……などとコミックスを読んでた当時の記憶が蘇る。何でスルーしたの私?
  • ローム髑髏ちゃんはそのまんま過ぎるというか、二次元から束の間抜け出てきたようであった……ブロマイド買った
  • 幻術バトルは初演同様映像で。マーモンが宙に浮くところがしっかり人力*2だったり、ボール入れが蔦に巻かれてる所とかは頑張ったな…て感想ではあるけど、演出の不自然な箇所は初演に比べて少なくなってた
  • 回想シーンは演技と映像の合わせ技で、違和感なく見ることができました
  • 多分初めてジャンプを自腹で買って読んだ、骸の再登場シーン。ついに来たー!という存在感と迫力に内心で拍手。槍捌きも見事でした。もちろんブロマイド買った
  • 原作をリアルタイムで追ってた時はそれ程意識してなかったんだけど、ボンゴレファミリーってやはりマフィアというか、結構残酷で時にエグいとこあるよね。それを意図した演出なのか、自分の捉え方が当時と変わったのかはわからないけど、命の扱いがめちゃくちゃ軽い事に少々戦慄を覚えました。チェルベッロ怖いよ……
  • 雲雀のマイペース加減がまさに雲を思わせるそれでした。元々の設定に加えて、役者さんの演技でより説得力が増してた感
  • ランボが相変わらず5歳児でウザ可愛すぎて最早神がかってる……
  • 大きなパーティションと幕の中間のような舞台装置が効果的に使われており、早変わりや急な場面転換が可能になってた。凄い。あれ、内側で動く人も大変なんじゃなかろうか
  • ツナとXANXASのバトルもまた、音と映像と光と役者さんの動きその他諸々によって最大限に再現されており、観てるだけでもハードなのが伝わってきました。あんなん1日2公演もやるってどういうことだ……
  • 犬、柿ピー、ランチア、京子&ハルは役者さんが映像出演(ありがとう)。本音を言うと特にランチアはリアルに登場いただきたかったけど、出番少ないから仕方ないか
  • コミックス通りのあのラストからすると、続編あるのかな?
  • カテコ挨拶はボンゴレ九代目とスクアーロ。九代目のブロマイドは「魔除けにしてもらいたい」そうです(笑…ランブロで1枚来たのでもご利益あるかな)。スクアーロは客席(2・3階席と1階席に分けて1回ずつ)&舞台上それぞれでの「ゔぉ゛ぉい!」コール要請。お辞儀の時、ひとり頭を下げずにくねくねしてたランボの頭を押さえて下げさせてた了平先輩がすごく了平先輩でした。骸のお辞儀さあ……あのフォームは狡い。

 

初演が「面白かった」なら、今回の3作目は「とても面白かった!!」。連載やコミックスを追いかけてたのはもう10年以上前ですが、読んでた当時の記憶が蘇ってきて懐かしくなりました。それなりに長丁場のヴァリアー戦を1つの舞台に収めず前後編に分けたのも*3、各バトルやその背景が時系列でひとつづつ再現されていたので、よかったと思います。脚本、演出、演技その他の全てを駆使した再現の度合いの高さが想像以上で、原作ファンとしても嬉しいステージでした。

 

*1:二次元の推しのひとりです

*2:慣れると気にならなくなってきた

*3:出演者のスケジュールとかいろいろな事情があるんだろうけど

【観劇記録】2019年5〜8月の観劇まとめ(レミゼ/宝塚など)

 

1〜4月までまとめておいて、その後放置してました(やりがち)。

2019年5〜8月まで、ライビュ含む観劇の記録です。宝塚多め。

 

※多少のネタバレ有

 

5月

劇場で観るのはすごくすごく久しぶりのレミゼでした。初めて観劇した10代の頃にはピンと来ない部分も多かったけれど、年を重ねた今は「夢破れて」で既に落涙してた。リトル・コゼットの歌に「早くこの子を助けてあげてー!」と辛くなりつつも何だかんだ好きな「宿屋の主人の歌」で笑っちゃったり、上原ジャベールの「Stars」や上山アンジョルラスを中心とした「民衆の歌」に圧倒されたり、昆エポニーヌの「オン・マイ・オウン」でまた涙して、三浦マリウスの「カフェソング」で悲しくなって、吉原ジャン・バルジャンはもちろん全編通して素晴らしく……今更も今更ですが名作ですね(ハンカチを取り出しつつ)。

 

  • COCOON』星ひとつ編/月の翳り編

   感想はこちら

 

夢現~」は思ってたより楽しめた。ただ、相思相愛のお通を放ったらかして最後までひたすら剣の道にまい進するのみってどうなのよ武蔵、とは思わんでもない……。こちらが退団公演となった美弥さんの佐々木小次郎は、達人の凄みと静謐の両方を漂わせ、一振りの剣のように美しかったです。「クルンテープ~」では「セ・マニフィーク」の場面で豪快に歌い踊る美園さんに魅了されておりました。

 

  • 宝塚 星組 『鎌足−夢のまほろば、大和(やまと)し美(うるわ)し−』(ライビュ)

評判の良さに急遽ライビュ観劇を決めて良かったです。前年、ほぼ同じ時代を描いた某往年の名作を鑑賞して「ぐええええ……」と苦悶の声を上げていた*1身としては、こちらで救われた思いでしたありがとう。ヒーロー的な格好良さはないけれど、主の仕打ちに苦しみながらも妻の事を愛し続ける鎌足の描き方には好感が持てたし、何より車持与志古娘や皇極帝が「強い意志を持ち、時として怒りの感情も表出する血の通った人間」として描かれていたことに感激したよ……。無論、蘇我入鹿や天智帝も格好いいしな! あと船史恵尺がとても妖しくて良かった。つまり、華形さん*2瀬央さん有沙さん天寿さんへの注目度が更に更に上がりまくった公演でした。

 

6月

   感想はこちら

 

なにげに久々のワイルド真風さん。「愛した日々に偽りはない」は、これはテスも惚れ直すよね、と納得の色っぽさでした。星風テスは新進気鋭の歌姫という説得力あり&メイクも大人っぽく自然。 芹香ラスティは良い塩梅にチャラくて大変よろしい。日替わりで「スキップしながらエデンをかわいく歌う」を披露してくださった桜木ベネディクトを筆頭にこの役はやっぱりこの人だよねーと順当にキメてきた中、歴代で一番少年っぽさがあり、ダニーと年の離れた兄弟のような和希ライナスが新鮮だった。ああいう関係性も実によい。

 

  • 宝塚 花組『恋スルARENA』(ライビュ)

前回のDHとはまた異なる趣で、めっちゃ楽しいコンサートでした! スクリーンに開幕前の横アリが映し出された時点で「あー現地行きたかったなー」と心で呟いておった。新娘役トップ・華さんが可愛いのは知ってたが、ラプンツェルの「輝く未来」のデュエットはガチで可愛過ぎてめろめろになりました。そして明日海さんの「お姉ちゃん」、正直言うと最初出てきた時は「数年ぶりの女装、ですね……」と思ってしまったんだけれど、瀬戸・水美のナイスガイコンビに挟まれるとあら不思議、海外の女優さんを彷彿とさせるゴージャスな美女で全く違和感なしでした凄い。

 

柚香さんが道明寺をやるという段階で既に間違いなしの予感しかなかったんだけど、まさに水を得た魚でした。少尉@はいからさんみたいなキラキラ王子も、俺様野郎で愛すべきバカ・道明寺もどちらも当たり役っていったい何を見せられているんだろう。城妃さん演じるつくしもまた概念そのものが顕現しておりました。少女マンガと宝塚はやはり相性抜群だな。他のキャラクターでは整形美少女・桜子@音さんのインパクトが忘れられない。

 

 7月

  • 舞台『紅葉鬼』

  感想はこちら。 

 

8月

  • 舞台『刀剣乱舞』慈伝 日日の葉よ散るらむ

  感想はこちら

 

観劇当時も今も含め、望海さんは「歌+お芝居の表現力」が圧倒的よな、という、誰もが知っていることを再認識させられました。最後の方、かつての友の屋敷で一人部屋に残されるあたりから涙があふれまくった。そして斎藤一と土方さんがそれぞれ別のベクトルでかっこよすぎて骨抜きになるしかなかったぜ……。

 

多めっていうかここで初めて感想書いたのはほぼ宝塚だった。そんなに間を開けずに9~12月分もアップしたいです。

 

*1:作品として優れていることは否定しないけど、自分には全く合わなかった……

*2:次回星組公演で退団されてしまうのですね……